フジテレビ「チャンス!」

月曜日, 2月 23th, 2015

当時トレンディドラマブームで大人気だった三上博史。
そんな三上博史が主演を務めたドラマがフジテレビの「チャンス!」だった。

フジテレビ

ドラマが放映されていたのは1993年、フジテレビの「水曜劇場」だった。ストーリーはかつて人気のあった歌手がアメリカに渡った後「凱旋帰国」するが、すでに国内では彼の事を覚えている人はほとんどいなく、彼を復活させようと奮闘する新人マネージャー(西田ひかる)が奮闘する物語。

スター時代から彼の高飛車な態度に嫌悪感を抱いていた者が多くいたので、いくらマネージャーが頭を下げて仕事を取ろうとしても上手くいかない。

そして彼のバックでギターを弾いていた男(東幹久)が三上博史演じる本城裕二が、アメリカに行っている間に大成功していた!

西田ひかりのひたむきなマネージャーぶりに徐々に、本城裕二も自分の立場を理解しながらも、根っからのアーティストである本城裕二は一切妥協は出来ない。

そして本城裕二の決め台詞である「小さくまとまんなよ」の台詞が凄くカッコよく、同じミュージシャンながらドラマ放映当時憧れたものだ…

一方、東幹久演じる日向麗太は真面目で礼儀正しく、業界受けも良い。

そして曲も大ヒットしている訳だけど、世の中の盛り上がりと反比例し、自分に自信が持てず常に悩んでいた…

そんな日向麗太は自由に生きる本城の曲作りのセンスも認めているという物語!!

しかしこの物語の一番おもしろかったのが松田伝次郎!
武田真治がおかっぱ頭と大きな眼鏡でコミカルな演技が印象的だったね。

続編がありそうなエンディングだったけどもうありえないのかなーって、いまさら期待してるけど~(笑)

フジテレビのドラマは本当に良いよね。昔のものを見ても、時代に関係なく面白いと思うのが、フジテレビでなきゃ無理だと思うね!
で、このテレビ局の面白いところが新しいことを楽しく取り入れること。例えば、キラキラヒカルフジテレビーグリッターエイト、元々遊び場といえば、お台場だし、このグリッターエイトがあってからのお台場はまた、夜の楽しみがどんどん増えていて、行くしかないって思われるのが、にくいねん~

ってか、女子ってキラキラってものが好きだよね!グリッターエイト(www.glitter-8.com)を見に行きたい!彼氏と~~~~今はまだやてるかしらん~☆